全身脱毛のデメリット

全身脱毛のデメリットは、まず1回あたりの施術に時間がかかることです。医療レーザー・エステの光など強さや範囲にもよりますが、剃り残しを処理後、マーキング、ジェル塗布、照射を全身に施しますので、相応の時間がかかってしまいます。 また、施術日に合わせて自身で可能な範囲を剃毛していくため、その手間もあります。回を重ねるとだんだん自己処理も楽になっていきますので、毛量の多い最初が一番大変とも言えます。 次に、部分的なコースに比べるとお金がかかること。一般的には数回~十数回かかるため、どうしても高額になりがちです。少ない回数のコースにし、状況により追加していくのも良いでしょう。 ほかには、脱毛に必要なジェルが冷たく体が冷えること、日焼けに注意する必要があること、予約がいっぱいで先になる場合があること、といった全身ならではのデメリットがあります。痛みに関しては人にもよるでしょうが、脇やアンダーなどの毛が太い部分や、脛や指などの骨に近い場所はほかに比べて響きます。また、生理前は痛みに敏感になるため、いつもより強い痛みを感じることがあります。

RECOMMENDED

医療脱毛ならこちら

おすすめの血液クレンジングならこちら